ふむ

提供: jaopedia
ナビゲーションに移動 検索に移動

ふむfumuとは、相槌として会話に用いられる語である。Ekusas83が多用していたところ他のユーザーにも伝播し、広く使われるようになった。


意味

「ふむふむ」のように軽い理解や納得を表す他、話の間に入れる相槌のように使用される。jao Minecraft Serverでは「ふむふむ」ではなく「ふむ」が使用される。Ekusas83がふむを多用し始めたのは2018年頃であるが、それ以前はmine_book000による発言が多かった。

「ふむ」の他にローマ字で「fumu」と表記することもあるが「humu」は使用されない。

使用例

jaotan: 宝くじで3000兆円当たった!
afatan: ふむ

関連項目

文字数:約411文字 (約1分、原稿用紙1枚程度)