ドノカ

提供: jaopedia
ナビゲーションに移動 検索に移動
「ドノカ」のイメージ画像

ドノカ(ドウロ・ノ・カド)は初代Jao_Afaワールドにあったエレベーター、または2016年08月28日に発生した事件によって起きた「道路の角」のことを指す。


概要

ドノカの内部

初代Jao_Afaワールドにあった自治体「帆下市」と「中央市」を結ぶための道路の角部分に建設されたエレベーターのこと。

これを建設している最中に、起きた事故によってワールド中に置かれたのが「ドノカ」、道路の角である。

事故の発生原因

否市に出現したドノカ

この事故が発生した原因は、コマンドセレクター指定ミスによるものである。本来executeコマンドによって UC8FACDeV8skm5md という名前がついた村人(@e[type=Villager,name=UC8FACDeV8skm5md])を基点にコピーされるべきだった「道路の角」が、すべての村人(@e[type=Villager])を基点にコピーされてしまい、その時ロードされていたワールド各所の村人がいる場所に「道路の角」がコピーされた。





トリビア

  • 2017年5月には、運営内定期総会にてワールド名の案として do_no_ka が出されたことがある。
  • 3代目Jao_Afaワールドでは、ドノカを再度作らないかとEkusas83に言ったが流石に作られなかった。

関連項目

文字数:約573文字 (約1分、原稿用紙1枚程度)