2019年09月jao Minecraft Server方針改革

提供:jaopedia
ナビゲーションに移動 検索に移動

2019年09月jao Minecraft Server方針改革(- ほうしんかいかく)とは、2019年9月に行われたjao Minecraft Serverの大きな方針改定のことである。
2代目Jao_Afa時代から3代目Jao_Afa時代への移行、jMS Gamers Club(公式Discordサーバ)の移転もこの改革によるものである。


定期総会

2019年6月14日~16日に行われた定期総会が改革の始まりだった。本会議には特例としてログイン時間上位3名のMinHero_expkohonayoshiNudongeが会議に加わった。(この3名は、5日後の20日にModeratorに昇格する)

議題

以下が主議題とされた

  • Minecraftサーバ及びサービス全体の過疎化が進み、アクティブユーザーの減少がより悪化しているため、それの改善及びルール・利用規約などの見直し・運営方針の転換を行いたい。

細かな議題は以下の通りだった

  • 事前に行ったアンケート結果の運営内開示
  • アンケートを受けて、「jao Minecraft Server」というサービスの根本的な将来的運用方針の確定
  • Jao_Afa・SandBoxワールドのリセットの有無
  • MinecraftサーバのMinecraftバージョンの変更
  • ワールドの構成、スポーン地点の整備方法、中央部分のシステムなど
  • ルール・利用規約などの規約の変更
  • 鉄道などの交通面に関するルール・規約決定。問題発生を回避するためのシステム検討など
  • MyMaid2やAntiAlts2、jaoReputationやjaoProtectorなどのjao Minecraft Server独自のプラグインについて、機能の追加・削除
  • Jao_Afa・SandBoxのワールド決め

決定事項

基本方針

  • 公開サーバの継続。
  • ルール・利用規約などをすべて見直し、新たなクリエイティブサーバを目指す。
  • 「jao Minecraft Serverらしさ」を見直し、今までの綺麗に整った中央都市ではなく、様々なものが入り混じった、混沌とした、自由な都市を創造する。
  • 1.12.2の継続(後の2021年の4月に1.16.5へ)

変更事項

ワールド

  • Jao_Afa、SandBoxワールドのリセット。Jao_Afa_netherの縮小。Jao_Afa_the_endの廃止。
  • SandBoxワールドがRegular以上の権限のみが利用可能となる。それ以下の権限のプレイヤーは観光も不可(後に緩和)

自治体

  • チャンク管理から座標管理となる。
  • 最終ログインから3ヶ月経過した場合、自治体の所有権が運営へと移る。

規制・規約

  • 爆新地(旧中央市)が新規プレイヤーも建築可能となる。
  • ブロックの設置・破壊・エンティティのキルなどに関するデータの保存期間(編集情報保持期間)が「3か月 (90日)」となる。
  • 利用規約の廃止

権限グループ

  • 以下のように変更される。
    • Limited → 廃止
    • QPPE → 廃止
    • Default → 初期権限となり、規制が大幅に緩和される(ページ参照)
    • Verified(新設)
旧権限グループ
Limited QPPE Default Regular Moderator Admin


新権限グループ
Default Verified Regular Moderator Admin


Discordサーバ

  • 移転

プラグイン

  • 以下のプラグインの廃止(無効化)
    • JukeBox
    • jaoPost
    • jaoReputation
    • NoteBlockAPI
    • MotdManager-Reloaded
文字数:約1670文字 (約3分、原稿用紙4枚程度)