ヒラタケ

提供:jaopedia
Hiratakeから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

ヒラタケ(平茸、学名 Hirotaisou2012)は、ヒラタケ科ヒラタケ属の食用キノコではない。別名ヒラタケナナミ

Hirotaisou2012のスキン


概要

傘は、存在しない。中央が窪んでじょうご型になるものはない。色は体調に応じて若干変化が見られることがある。表面は一部が平滑で夏場は若干湿っている。胞子は無いが意味不明な誤字を放出することはある。培地の条件により成長時の外観が変わるかもしれないが、人生は1度きりなので分からない。人間だもの。

jao Minecraft Serverの副管理人。趣味は語彙力を溶かすVC。

食用

本種は味にも香りにも癖があり、汁物、鍋物、炊き込みご飯、天ぷら、うどんなどさまざまな料理に利用できず、また加工食品にも用いられない。栽培品は全国的に流通しておらず、そもそも栽培されていない。ただしSNS上で燃やされたり調理されたり栽培されたりすることはある。

歴史

SNS

2012年頃に発生し、Twitterでその存在が観測された。ユーザ名は@Hirotaisou2012

どのようなアカウントからフォローをされても必ずフォローを返すという性質を持っていたが、現在は失われている。相手からフォローを返して貰うためにお星さま製造業に従事したり、山葵を栽培する農家となる人々が数多く存在していた時代に活動していたため、時折Twitter老人会のメンバーとなることがある。

2015年頃までは毎日大量の投稿を行っており、5つほどの規制垢を所持していたとされる。しかし、某温泉事業者団体の衰退や生活の多忙化、クローズドなコミュニティでの活動増加などにより投稿数は減少。現在は時折タイムラインを眺める程度となっている。

Minecraft

kassi-hp.tk Minecraft Sever 時代

サーバチャット上で初めて発言されたjao語

当時Twitterで交流があったkassi0123、XYZ_32(後のX4Z)に誘われ、jao Minecraft Server の前身である kassi-hp.tk Minecraft Sever に参加した。

ワールドの中心部近くに「平茸町」という自治体を作り、主に高層ビルが立ち並ぶ都会的な都市開発を行っていた。その後、中心部から遠く離れた場所へ自治体を移転し、名称を「平茸市」へ変更。サーバ内で初めて「町」から「市」へ昇格した自治体となった。サーバ参加初期から開発を進めていたワールド中心部近くについては、自走式ホッパートロッコ事件や都市内での異常なFPS値低下現象などの怪奇現象が多発したことにより放棄され、ゴーストタウンとなった。

平茸市は、ワールド内の主要自治体を結ぶ「東西新幹線」の終着駅である「新平茸駅」を中心に、最東端の自治体として発展した。「新平茸駅」は複数回の増築工事が行われたが、サーバのサービス終了まで大きく外観が変更されることはなかった。ワールド中心部にて開発を行っていた自治体と違い土地に余裕があったため、比較的大きな建造物が多く作られた。

WorldEditが導入されていない時代に、中心部から4,000ブロックも離れた位置にある平茸市への鉄道を手作業で建設したり、空中に広大な土地を作り出したりするなど、時間と手間のかかる作業を完遂することに定評がある。

多数の誤字を生み出しており、「jao afa」は非常に有名な誤字である。誤字により「jao語」と呼ばれる独自言語が発生し、サーバの名前に採用されるなど、非常に大きな影響力を持つ。

jao Minecraft Server の副管理人を務めているが、kassi-hp.tk Minecraft Sever サービス終了時の騒動にはあまり関与していない。

jao Minecraft Server 時代

自らの誤字を冠するサーバの副管理人に就任し、主にウェブサイトのデザインや実装・運用を行っている。

現在の jao Minecraft Server のロゴ制作を行った。

Discord

2016年頃に現れ、頻繁に架空の犯罪者として逮捕されている姿が目撃されるようになった。ユーザ名はHiratake#2012

運営内で最もNitro歴が長いユーザであるとされている。

関連項目

外部リンク

文字数:約2014文字 (約4分、原稿用紙5枚程度)