SchoolPvP

提供:jaopedia
ナビゲーションに移動 検索に移動
PvP > SchoolPvP
SchoolPvP(初代)
場所 初代桜沢市
Dynmapマーカー SchoolPvP
/dt SchoolPvP
運営開始日 2017/3/
テンプレート:PvP会場
SchoolPvP(2代目)
場所 初代桜沢市
Dynmapマーカー SchoolPvP
/dt SchoolPvP
運営開始日 2017/8/7
テンプレート:PvP会場
SchoolPvP(3代目)
ikekurakita-jhs-2021-06-04.png
場所 池倉市
Dynmapマーカー SchoolPvP
/dt SchoolPvP
運営開始日 2020/3/21
テンプレート:PvP会場

SchoolPvP学校PvP(2020年03月21日 - )は、jao Minecraft Server池倉市に存在するPvP施設である。また、初代桜沢市に存在したPvP施設。

概要

会場は、池倉市の池倉市立池倉北中学校に存在する。2021年6月13日にシステムが新しいものとなった。このシステムにある他PvP稼働チェック、人数チェックなどの機構はHarvestのものを基盤に作られている。

対戦形式

黄色の「先生(SchoolPvP_t[1])」チームと、緑の「生徒(SchoolPvP_s)」チームに分かれてゲームを行う。

アイテム

名前 個数 備考
鉄の剣 1
1 補給場所あり
ステーキ 64
64 補給場所あり


時間

試合時間は「10分」あり、5分ごとに残り時間を知らせるタイトル(/title)とメッセージ(/chat)が表示される。

リスポーン

死亡すると、スポーン後にエフェクトなどを付与するために一瞬だけ地下のコマンドルームを経由し、地上のランダムな場所にワープして試合に復帰できる。リスポーン後はリスキル防止のため、透明化(0:10) 耐性(Lv.255)(0:10)が付与される。

注釈


  1. かっこ内は、システム上のチーム名を表している。
文字数:約877文字 (約2分、原稿用紙2枚程度)