WorldEdit

提供:jaopedia
ナビゲーションに移動 検索に移動
WorldEditのロゴ

WorldEdit(ワールドエディット)は、Minecraftの建築補助プラグイン。「木の斧」と「//で始まるコマンド」を使用してブロックを編集することができる。jao Minecraft ServerではVerified権限から使用することができる。

主要コマンドリスト

  • //undo - WorldEditでの作業を巻き戻す。
  • //redo - WorldEditでの作業をやり直す。
  • //wand - WorldEditの基本「木の斧」を出す。
  • //set - 選択範囲内の全てのブロックを置き換える
  • //pos1 - 現在位置を選択範囲の起点に指定します。(起点のブロックに対して木の斧で左クリックすること)
  • //pos2 - 現在位置を選択範囲の終点に指定します。(終点のブロックに対して木の斧で右クリックすること)
  • //replace - 選択範囲内の指定のブロックを置き換える
  • //overlay - 選択範囲内に指定のブロックを積み重ねる
  • //center - 選択範囲の中央ブロックを指定する
  • //walls - 選択範囲を基準に壁を作る
  • //outline - 選択範囲を基準にブロックで箱を作る
  • //copy - 選択範囲を(WorldEditの)クリップボードにコピーする
  • //cut - 選択範囲を(WorldEditの)クリップボードに切り取る
  • //paste - (WorldEditの)クリップボードの内容を貼り付ける

解説

使用方法やその他解説は、以下のブログ記事にて解説している。

文字数:約745文字 (約1分、原稿用紙2枚程度)