利用者:温室(しつ)

提供:jaopedia
2021年6月12日 (土) 06:13時点における温室(しつ) (トーク | 投稿記録)による版 (→‎SandBox)
ナビゲーションに移動 検索に移動

温室(しつ)とはOnShitsuである。その逆も然り。すごくドライアイ。

自治体 水賀区
Twitter @On_gahaha


概要

温室(しつ)はMinecrafterの1人。MCIDはOnShitsu
主に建築、時には建築、そして極めつけには建築をしている。
好きなインターネットユーザーは獅子志司(しししし)。

建築スタイルは現代建築、中華建築、和風建築、洋風建築、造形(特にゲテモノ)、チューダースタイル、ブルータリズム、ファンタジー。一番好きな建築は決まった形を持たないファンタジー寄りのゲテモノ(Twitterの投稿)

Minecraftは1.8.8時代から始め、オキニのサーバが1.12.2に移行したことをきっかけにしてOnShitsu自身も大型アップデートを行った。
ブロックが大きく増えた事の感動でファンタジー建築ライフ黎明期に突入、以後衰退。その後様々な建築スタイルに触れすごい建築するひとに出会い建築スタイルが一気に増え現在に至る。
なお1.15.2に触れた際ブロックの種類に嫌気が刺し1.12.2に戻ってきた。老人に大型アップデートはきつい。
2021年3月、1.16.4でサバイバルを始めるも開始十五分で全ロスを達成してしまい、さらに新バージョンプレイから足が遠のいてしまった。

建築

3代目Jao_Afa
  • 爆新地の中…【歴史】の項目に記載されている通り、水槽やビルなどを建築した。
  • 水賀区…「カラフルな街並みを作ってみたい」という思いを抱きながら制作している自治体。この自治体を制作するきっかけとなったのは上記の「すごい建築するひと」の建築を見て畏敬の念を覚え、自分も似たような建築を作ってみたいという思い。最初は模倣と称するのも不敬なほど酷い出来だったが建築するにつれいい感じの建築物が生まれるようになってきた。そんな楽しさ黎明期に自治体申請が通ったので満を持して色鮮やかな建築が生えていくことになる。ちなみにこの建築が何のジャンルかよく分かっていない。今まで他ユーザーにはファンタジー、モダン、メキシコ風、などなど多種多様な見方をされているので広く違法建築やファンタジーと記すのが良いのかもしれない。実は密かにカラフル建築と呼んでいる。詳しくは水賀区のページへ。
SandBox
  • 「蛇とポーン」…「造形を作ってみたい」という漠然とした思いを抱きながら作った謎の造形。白っぽいヘビと石造りのポーン(擬音語ではなく、チェスの駒の名称)を制作した。初めての造形。
  • 「バッジ」…「蛇とポーン」を制作後、特に何の志もなく制作している。デザインに使用させて頂いたものは他ユーザーのアイコンなど。
  • 「顔面」…「壁に建築を埋め込みたい」と思ったので壁面に廃墟を制作した。Killing1610さんとの会話から天啓を受け、壁面に顔面を生やした。思っていたよりも顔面の自己主張が激しいため作品の名前に起用した。
  • 「(名前未定)」…未定。

歴史

自治体申請前 (2020年3月9日 ~ 2020年4月18日)

2020年3月9日

2020年3月9日に初ログイン。曰く「jMSについては数年前から知っていたがJMSのjMSのページデザインが恐ろしく入ることは無かった。」との異常なチキン振りを発揮するもあるきっかけがあり意を決して参加した。
水賀区が承認されるまで主に現代建築味のあるビルを建築、何を血迷ったか魚の飼育経験が無いのにも関わらず水槽を制作するなど建築ジャンルは多岐に分かれた。


自治体申請後 (2020年4月19日 ~)

2020年4月19日

2020年4月19日に「水賀区(みながく)」を新規自治体として申請、2020年4月21日に承認され現在も開発中。見に来てねヾ(。>﹏<。)ノ゙
水賀区が承認された後はワールドボーダーの近所で密かに自治体を制作することを決め、爆新地で行った建築とは異なるジャンルを扱っている。そのジャンルの技術を確立している訳ではないので建築技術は高くはないがそのうち癌に効くようになる。

2020年7月4日

2020年7月4日に権限昇格、Regularに昇進。昇格するなど夢にも思っていなかった。嬉しい。非常に嬉しい。ガハハ。しかし地に足付けてよく考えてみることにした。「もしかすると私の日頃のFAWE操作のログが邪魔であることを暗に伝えてきているのではないか。'奴も少し上の立場になれば今までの悪行が分かるだろう'というような昔日電子の海を騒がせていた京都人的意図があるのではないだろうか」という考えに至り戦慄を覚えた。しかし本日の星座占いは4位だし歯医者さんにもちゃんと行ったからそんなことはないだろうという拙文で加筆文を終了する

文字数:約2139文字 (約4分、原稿用紙5枚程度)