jao afa

提供: jaopedia
ナビゲーションに移動 検索に移動


jao afa

jao afa(ジャオアファ)は、主に「こんにちは」などといった挨拶として使用されるjao語である。

このページではjao(ジャオ)やafa(アファ)を単体で使用した際の意味についても解説する。


挨拶の例

サーバに入ったり他の人がログインしたらjao」「afa」と分けて挨拶する。サーバから出る前にjaojao」と言って退出する。基本はただそれだけ。「jao」「afa」が日本語で言うところの「こんにちは」、「jaojao」が日本語で言うところの「さようなら」。

やってもいいしやらなくてもいい。でもやるとサーバ住民からのイメージは大抵良くなる。

発展的なこととしては、サーバから一時的に抜けて再度入りなおすとき、「rejao」「afa」と言う特殊な例がある。これがどれくらいの間有効となるかは不明だが、一般的に十数分後までとされる。また、「jao」「afa」と言うのがめんどくさい輩のために「jf」、よくわからないけど「jfa」とかがある。「jaojao」も同様に「j2」という短縮形がある。あまり使われないが「jao2」もある。「rejao」「afa」にも同様に「rj」という短縮形がある。さらに「jj」なるコホナ訛りもあるらしい。

概要

jao Minecraft Serverで使用されている伝統的な挨拶であり、jao語の象徴ともされる。

jao

初発(2014年8月11日)

Hirotaisou2012が2014年8月11日の15時頃にjao Minecraft Serverの前身のサーバであるkassi-hp.tk Minecraft Serverにて「hai」の誤字として発言した。

afa

「jao」と組み合わせることによって挨拶、敬意などを表すことができる。基本的な語であるにも関わらず、単体での意味は未だに解明されていない。

また、afaが含まれていないか、まだ発言されていない状態におけるjaoなどに他人が割り込んで発言すると、罵倒のような意味を持つようなので、非常に奥が深い単語である。

1+1は?の質問に対しafaと答えたことから2を指すのではないかという説が一部で広がっている。

意味

「jao」単体であれば「はい」という意味になる。「jao」「afa」と連続して発言すると挨拶(こんにちは)となる。主にサーバに参加した時に発言するが、自分が参加した時だけではなく自分以外の他プレイヤーが参加した場合にも発言する必要がある。

使用例

  • jao - はい
  • jao? - はい?
  • jao afa - (分けて発言して) こんにちは

省略型

  • jf - jao afa
  • jfa - jao afa




2014-08-11 15:01:17 [INFO] <Hirotaisou2012> jao
2014-08-11 15:01:21 [INFO] <Hirotaisou2012> afa

「jao」と「afa」の間を3~4秒空けた場合、相手に強い敬意を示す意味になる。

3秒か4秒かは未だ不明であり、3秒だと主張する鯖民と、4秒と主張する鯖民の二派に分かれている。(上記のログは4秒派の鯖民が出した証拠)


関連項目

文字数:約1617文字 (約3分、原稿用紙4枚程度)